近江鉄道 ガチャコンの駅と風景 水彩画
~近江鉄道の駅と近江の風景~
湖東のハンス

近江ガチャコン(近江鉄道)の沿線風景・近江の風景・植物画などなど。

Mガチャコン

Author:Mガチャコン
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR篠原駅も やがて
RIMG0346.jpg
 JR篠原駅も 近く建て変わるよう。 あと 安土駅も替わって行くそうです。 

その前には 描いておこうと思います。
これまでの駅には良く見られた線路をまたぐ跨線橋(こせんきょう)。
この跨線橋、無骨で、それでいて 冷たさをあまり感じません。

 この見慣れた 鉄道風景も やがて 県内でも 見られなくなることでしょう。
どう 描きとめていきましょうか。

 それを 考えるときが ある意味 至福の時なんです。完成イメージが 頭に 浮かべば。
スポンサーサイト
紅葉の奈良
奈良 絵
 これは 昨年、職場のメンバーで アインシュタインゆかりのピアノの演奏を奈良ホテルに聞きに
行った時 描いたもの。
 描いた場所は 県庁の屋上。一緒に行ったS君が 教えてくれてみんなで上がると ビックリ!
360度の展望。 しかも 無料。
思わず 描き初めましたねぇ。 絵になりすぎる風景でしたが。 
 
 奈良は 子供の頃から 何度も訪れ 家族で来るようになっても 来る度に新たな感動があります。

 また 近いうちに 訪れてみますか。好きなのは 戒壇院の四天王像 そこから二月堂。 
そして新薬師寺の十二神将に至る道。 奈良 大和路らしい雰囲気が 感じられて落ち着きます。

 


 


ツルウメモドキ +描き足し 
ツルウメモドキ改

ツルウメモドキ
植物を描くのは 僕にとっては大変ですが 描きあげた後の達成感は 風景を描くのとは また違い
おもしろいです。 このツルウメモドキは 良く行く ランチが美味しいお店の Nさんご夫婦に 
もらったもの。  でも このツルウメモドキ 今回 初めて 知りました。
実は オレンジ色がだんだん赤色に 変わって行きます。 ほんとうは 戸外で直に 描きたい
ところですが 今、1年で忙しくなる時期で なかなか そうもいかない。 なので とにかく 何か
描きたくて ひとまず 描いた次第。
 だから 構図も 何も テキトーです。(ヤレヤレ)

 それから 来春 市内のギャラリー(洒落た古民家風レストラン)で やる予定です。 決まり次第
お知らせします。では では。  


で、今日何となく 物足りなさなど感じていたので 実のついた小枝を描き足してみました。
ま、やってみて 何じゃこりゃだったら また 描けばいい事だけだから。作家の開高健か山口瞳
だったかな「やってみなはれ」という作品じゃないですが、そうそう、そこは素人の強み「やってみなはれ・ぼちぼちいこか」の心持ちで。とくに僕の場合は。
近江・能登川 伊庭内湖風景
内湖3

 個展を終え 一息つく間もなく仕事に突入していましたが 今日は定休日。 明日は また仕事ですが。
貴重な1日 骨休めをしつつ 新しいのを 1枚描き終わりました。 あと ロケハンも少々。 ただ
風があまりに 強いので 途中で 停止。 今回の 展示で これからに向けて いくつかの テーマが
できました。 それから 東近江のJR線沿いは 戦前まで 湖岸に面したところが 多かったらしく
今は道路になっているところも 戦前は 水路があったそうです。 ついこの前まで 道路標示版に
「浜~」という地名表示があったところがありました。 そこには 100年ほど前は 汽船乗り場が
あり 今も名残の石垣の一部が残っています。
 それにしても 個展を 皆さんのおかげで開くことができ 感無量です。また、近い将来 滋賀県内で
やることにしています。 その節は また よろしくご観覧ください。(懲りないなぁ) 
個展「湖国絵だより」 終了 
RIMG0011.jpg
IMG_0002.jpg
  疾風怒濤の個展が 皆様のおかげで 無事 本日 終わりました。今回 大善院ギャラリーの佐々木住職ご夫妻には 言葉では 表現できないほど 支えていただきました。
 以前にも 書きましたが 間際まで「アマチュアの絵」に どれだけの方が 来ていただけ しかも 共感していてもらえるか 正直不安でした。 幸い会期中 延べ200人の方が 来場くださり 共感と 励ましのお言葉を 芳名ノートに書いていただけました。 そのお一人お一人の ご感想が とても 大きな 「宝物」に なりました。 月並みな表現ですが 「人と人とのつながり」を とても感じました。 「駅の絵」を見て 戦死されたお父さんとの思いで 疎開時の思い出 八日市高校の思い出等 展示の絵と人生を重ね会わせて懐かしくされている方が多く そのほかにも いろんな感想を書いてもらえました。
 そして 何より 会場で 偶然の「出会い」「再会」が 見受けられ それ一つ取っても 展示をして良かったとしみじみ思いました。 あと「お寺ハウス」次の展示の情報です。僕も 見に行こうと思います。 それでは 今回 来場いただきました方々 お時間の無かった方々 皆さんアリガトウゴザイマシタ。 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。